更新情報

法人様向けのEAPページを作成しました。

それに伴い、お問い合わせページとオンライン相談予約ページを1ページに合わせました。


個人の心理的な課題は、個々人の有するパーソナリティーに起因しますが、その背景にある事象も同時に捉える必要もあります。これらの事柄が業務の遂行に影響を与えることになります。UNPACK-EAPでは、個人的な問題を包括的に扱うことにしました。また、アウトプレースメント(従業員の再就職支援)にも対応しております。

UNPACK-EAP(法人契約)


投稿日: 2019年07月24日
カテゴリー: 未分類 | | 投稿者:

雇用されうる能力とは~Employability

産業カウンセリング辞典(金子書房)によれば、”エンプロイアビリティ(employability)は、「労働移動を可能にする能力」に「当該企業の中で発揮され、継続的に雇用されることを可能にする能力」を加えた「雇用されうる能力」という広い概念で定義されており、わが国では、この定義で一般に理解されている。”

”従業員のモラールの減退による生産性の低下などのマイナス面も出てきた。”

”’90年代に入り、アメリカの企業は従業員との良好な関係の回復を求め、雇用保険に代わる労使間の新しい社会契約として考え出されたのがエンプロイアビリティである。”

”それは、企業が永続的な雇用を保証できない代償として、従業員に対して他社でも適応する技術や能力を身につけられるように教育・訓練の機会などを通じて支援するというもののである。”

”これはこれまで企業が社内の訓練によって行ってきた職業能力の養成について、今後は従業員自身が必要とする職業能力を、従業員自身が自助努力によって習得することを企業が支援する、という考え方への転換である。”

”従業員が自分の職業生活をいかに選択し、発展・向上させていくかの責任が、今後は企業から従業員自身へ移行するという重要な意味を持っている。”

”エンプロイアビリティの養成は、従業員は、従業員本人が能力開発の目標を立ててキャリア開発プランを作成して推進するのを企業が情報や学習機会の提供などにより支援するものである。”

”キャリア研修やキャリア・カウンセリングなど、キャリア形成支援制度の確立とレベルアップが求められる。”

以上、産業カウンセリング辞典・桐村晋次氏のレポートより。

• 質問・お問い合わせ


投稿日: 2019年04月24日
カテゴリー: キャリアコンサルティング|能力開発|雇用 | | 投稿者:

キャリアコンサルティングとは

厚生労働省webサイトには”「キャリア」とは、過去から将来の長期にわたる職務経験やこれに伴う計画的な能力開発の連鎖を指すものです。「職業生涯」や「職務経歴」などと訳されます。”とあります。

キャリアコンサルタントは国家資格で、各業界の知識や人脈。時には心理学的知見も併せ持ち、企業、ハローワークなどで人材と企業とのマッティングを行っています。

† キャリアコンサルティングの重要性 †

スキルアップや就活時、就職に向けての資格取得時などに、何から手を付ければいいのかわからない。何をしたらいいのかわからない。自分に何ができる、何が向いているか見失ったときにキャリアコンサルタントに相談してみましょう。

キャリアコンサルティングによって、自分の適性や能力、関心事を再認識して自己理解を深め、社会や仕事について理解する。

そこから自分に合った仕事を自ら選択できるようになることが期待されます。

また、うつ病や障害者の方も専門知識を持ったキャリアコンサルタントのカウンセリングを受けながら、一歩ずつ前進、最終的に社会復帰・就職を勝ち取ることができます。

それだけでなく先に述べたように広い業界の知識人脈を持つことから、人生相談にも強いと言えるでしょう。

一人で悩まず、一度お問い合わせしてみてください。